JR東海道新幹線 / JR横浜線

「新横浜駅」

篠原口すぐ前

慢性気管支炎・肺気腫(COPD)

初期症状:せき・たん・息切れ

せき・たん・息切れがしつこく長引く場合は、気管支や肺の病気の可能性があり、次第に正常な呼吸が出来なくなる可能性があります。

従来は「慢性気管支炎」「肺気腫」と呼ばれていた病気をまとめてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ぶようになりました。

この病気は喫煙者に多く、長年によるタバコ・大気汚染による気道や肺胞の慢性炎症で生じ、肺機能が低下して年々呼吸困難が悪化していきます。

息切れは活動性を低下させ、更なる息切れの悪化といった悪循環を引き起こします。進行しないうちにタバコをやめて適切な治療を受ければ症状を軽減する事も可能ですが、ある程度重症になると症状を軽減する事は困難になり、在宅での酸素吸入が必要になります。

重症度を見る為にスパイロメトリー(呼吸機能検査)にて正確な評価をしています。定期的な治療と治療薬(内服薬と吸入薬)の確実な使用が大事です。

病気の解説メニューに戻る