JR東海道新幹線 / JR横浜線

「新横浜駅」

篠原口すぐ前

パーキンソン関連疾患(PSPなど)

パーキンソン症状をきたす4つの疾患の主な特徴

パーキンソン病に非常に似ており、専門医でも初期診断が難しいケースです。

1.【進行性核上性麻痺(PSP)】

初期症状:転倒しやすい

初期

中期

後期

・歩きにくい(開脚歩行)

・立っていられない

        (強い姿勢反射障害)

・足が出にくい (強いすくみ現象)

・体の方向を変えにくい

        (強い体幹筋固縮)

・よく転んで怪我をする

        (強い易転倒性)

・物事を考えるのに時間がかかる

        (思考遅延)

・性格の変化

・言葉が出にくい(非流暢性失語症)

・目が動かしにくい

       (垂直方向の眼球運動障害)

・飲み込みにくい(嚥下障害)

・介助無しで歩けない

・頸が後ろに反る(頸部後屈)

・介助無しで立てない、寝たきり

        (臥床状態・全介助)

・目が動かない

・飲み込めない、痰が出ない

        (嚥下障害〜誤嚥)

・言葉が出ない

※特定疾患対象

2.【大脳皮質基底核変性症候群(CBS)】

初期症状:片手が使いにくい

初期

中期

後期

・片手が使いにくい(巧緻運動障害)

・物を触ってもわからない

         (立体的感覚障害)

・片方にある物を見落とす

         (半側空間無視)

・道具の使い方がわからない

         (観念運動失行)

・物事を考えるのに時間がかかる

         (思考遅延)

・細かい筋肉の震え(ミオクローヌス)

・片手が無目的に動く(他人の手徴候)

・手に触れた物を反射的に掴む(把握反応)

・言葉が出にくい(非流暢性失語症)

・体が左右アンバランス(体幹傾斜)

・片側の手足が不自然に力が入る

           (ジストニア)

・体が片方にひねれる

・立てない、寝たきり

         (臥床状態・全介助)

・飲み込めない、痰が出ない

         (嚥下障害〜誤嚥)

・言葉が出ない

※特定疾患対象

3.【多系統萎縮症(MSA)】

初期症状:歩く時にふらつく

初期

中期

後期

・歩きにくい(開脚・酩酊性歩行)

・ふらつく

    (運動失調、起立性低血圧)

・字が書きにくい(書痙)

・小便の回数が多い(頻尿)

・呂律が回らない(構音障害)

・動作が遅い

・よく転んで怪我をする(易転倒性)

・下肢がつりやすく歩けない(痙縮)

・気を失いそうになる(強い起立性低血圧)

・大便が出ない(強い排便困難)

・小便が出ない(強い排尿困難)

・夜間イビキで呼吸が何度も止まる

       (睡眠性無呼吸)

・体を起こすと気を失う(失神)

・立てない、寝たきり

         (臥床状態・全介助)

・飲み込めない、痰が出ない

         (嚥下障害〜誤嚥)

・言葉が出ない